車検費用を安く抑えるために

車を持っている方の共通の悩みが、車検費用です。車を乗り続けるには、購入時より3年、それ以降は2年に1回は受け続けなければなりません。その他に10000キロ点検、1年点検などもあります。その費用は場所によってピンからキリまでです。実は車検にかかる最低限の費用は、どこで受けても同じなのです。必ず法定費用と呼ばれる税金や自賠責保険費用、検査料などは支払わなければなりません。ではなぜ、場所によって費用が異なるのでしょうか。それは、検査をクリアするために部品などを交換しなければならない時にかかる費用が変動するからです。安全に乗り続けるためには、検査に合格するために様々な部品を交換する必要が出てくるのです。検査では合格する水準に達していない部品は交換する必要があるため、交換しなければなりません。しかし問題は、今回は交換する必要はないが、次回の検査では不合格になるような部品を交換するかです。

もちろん交換するほうが安心して乗れるかわりに費用が高くなります。逆に費用を抑えたい場合はギリギリ合格点の部品は交換しません。その分費用が抑えられるので、全体的な検査費用が抑えられるという仕組みなのです。ただし、部品によって部品の交換時期の目安があります。目安として考える尺度は年数と総走行距離です。頻繁に交換しなければならないものはエンジンオイルやエンジンオイルフィルターなどでしょう。これらは検査に関わらずエンジンオイルであれば5000キロもしくは半年、エンジンオイルフィルターであれば約1年が交換時期です。検査時の整備の際には交換対象に入るでしょう。他のラジエター液やブレーキ系のブレーキパットなど、エンジン系のスパークフラグなどの部品は2回に1回ほどの交換が相応しい部品のものが多いです。ただし、交換を怠るとブレーキの効きが悪くなる、ハンドルが重くなる、エンジンがオーバーヒートする、バッテリー切れなど、運転に支障をきたすどころか、車検費用よりも高く付く場合があるので、過度の節約はしないほうがいいでしょう。インターネットでは、車検費用の比較サイトがいくつもあります。そこでだいたいの値段を吟味することもお勧めです。

さらに今回が何年目の車検で他の人はどんな部品を交換しているのかを調べておくと余計な費用がかからないですむでしょう。また、検査する人と交渉するのも1つの手です。そのまま任せきりにしてしまうと、最近交換した部品も交換対象に入り、余計な費用がかかる場合もあるからです。必ずかかる費用であるからこそ、安全のために過度の節約はせず、知識をつけて無駄な費用を削減することが節約への第1歩なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*