車検に臨む際の準備事項について

新車を購入すると、3年後、それ以降は、2年ごとに受ける義務が発生する車検。自動車を所有する者の義務として、安全面上からも受けなければなりません。それであれば、しっかり問題なく受けておきたいと思うはずです。そこで車検に臨む際の準備事項などについてまとめていきます。まず期限の1か月前から受けることができます。自分の自動車がいつまでの期限かは、理解されているはずなので、数か月前から、いつ受けるか、きちんとスケジュールして置くことが大切です。一応期限が切れてしまっても、仮ナンバーを発行してもらって、受ける方法もありますが、有料ですので、なるべくそれは避けたほうが賢明です。また駐車違反などの反則金がもしあるようであれば、きちんと払っておく必要があります。もし未納の場合には、受けれませんので、注意が必要です。

同じようなものに、自動車税もあります。未納でないかどうか、確認して、万が一払ってないのであれば、迅速に支払うようにしましょう。こういったことがクリアになれば、車検を受ける際の書類などの確認を行います。これは車検証と前述した自動車税の納税証明書になります。そして受けた際に支払う重量税や自賠責保険、そして印紙代などを準備しておきます。さて、これで車検を受けることになりますが、最近では所有者が受けることができる制度もありますが、できれば専門の修理工場などの業者もしくは自動車販売店を経由して受けることをお勧めします。理由としては、法定の点検項目である56項目点検だけではない、検査も行ってくれる業者が多く存在するためです。なぜこの点が良いのかというと、同じ自動車にずっと乗っていると故障の前兆や実は不具合が起きているところなどを気づかないものです。こういった点について、自動車修理業者などでは、実際に自走を行ったり、サービスとしてコンピュータによる診断などを実施して、こういった故障の前兆や不具合を発見してくれる可能性があります。また故障しやすい部品なども、車種ごとにわかってきますから、こういった点も含めて交換の提案を実施してくれる事があります。

もちろん勝手に交換することはされませんので、無用と感じたら、断ったらいいのですが、やはり安全に自動車を運転するためと、長く同じ自動車を大切に乗り続けるためにも、プロの提案は受けておくのが良いかと思います。せっかく車検というタイミングなので、自分の自動車の問題点があるかどうかは、はっきりさせておき、場合によっては交換するのが、良い方法なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*